Top > 育毛・発毛剤の分類 > 育毛・発毛剤の分類

育毛・発毛剤の分類

【育毛剤の分類】

育毛剤の分類は、化粧品と医薬品、医薬部外品に分けられています。

では、分類によってどのような違いがあるのでしょうか。

分類が化粧品の育毛剤は、頭皮のフケやかゆみを抑える効果があったり、頭皮や髪に栄養を与える効果があります。

そして、医薬品に分類される育毛剤は、頭皮のフケやかゆみを抑えるだけではなく、抜け毛の予防や薄毛の予防にも効果があります。

また、脱毛症といわれる治療にも使われるもので、育毛の効果だけではなく副作用がある可能性を持っているのです。

医薬部外品に分類される育毛剤は、他の育毛剤同様、頭皮のフケやかゆみを抑える効果があります。

さらに、抜け毛や薄毛の予防にも効果があるのですが、医療用として使われることはなく、副作用の心配もあまりないものです。

しかし、医薬部外品も全く副作用がないということではなく、医薬品ほどの強くはないというだけなのです。

なので、医薬品はもちろんのこと医薬部外品も使用の際には説明書をしっかりと読むことが大切なのです。

どの分類の育毛剤であっても、頭皮環境を整える効果はありますが、プラスどの効果が必要かを見分けて利用してください。