Top > 育毛剤で生じる副作用 > 育毛剤で生じる副作用

育毛剤で生じる副作用

薄毛や抜け毛に悩む人は、発毛剤を使っている人も多いとは思いますが、副作用について考えたことはありますか。

特に、ミノキシジルやプロペシアのような医薬品に分類されている育毛剤を使っている人は副作用にも十分注意しておかなくてはいけません。

成分によって副作用は様々ですが、軽い場合には頭皮のかゆみ程度で済むのですが、性欲の減退や発疹、皮膚の紅潮や赤ら顔などもあるのです。

また、胸の痛みやめまいや頭痛、動悸、息切れがあります。

さらに、手足のしびれや低血圧、急激な体重の増加といった症状まであるとされているのです。

特に、ミノキシジルの副作用は強いとされていますが、国内で販売されている育毛剤のうちミノキシジルを含むものは少なく、濃度も1%と低くなっています。

今、国内で発売されている医薬品の育毛剤は、取り扱い説明書を熟読することで安全性が保てるようにはなっています。

医薬部外品は、医薬品ほどの副作用はないとさえていますが、こちらにも取り扱い説明書があるので読んでから使うようにしてください。

もしも、少しでも体調に不安を感じたら、使用をすぐにやめて医師に相談することをオススメします。